ペットでもよくある症状

Go

ペットでもよくある症状

「ペットでもよくある症状」の画像です。

老化と共に、人間でもなってしまうことがある関節炎。
関節炎はペットにとってもよくある症状の一つで、老化はもちろん、激しい運動などによっても引き起こされる可能性があります。
一度関節炎を発症すると身体を動かすたびに痛みを感じるようになってしまい、積極的に動きたがらなくなってしまいます。
一緒に暮らしている犬や猫が急に段差に上がろうとしなくなったり、運動を嫌がったり、歩き方がおかしくなったりしたときは関節炎になってしまっている可能性があります。

関節炎の治療は定期的に関節を動かしながら進めていくことになり、関節を動かすためには痛みを取り除く必要があります。
ペットの関節炎を治療し、改善するためにはいろいろな方法がありますが、よく使うことになるのがリマダイルなどの鎮痛剤を使って痛みを取り除くことです。
痛みを取り除くのは関節炎を治療するときには大切なことで、リマダイルならペットの関節炎の症状を緩和し、関節炎を治療しやすい状態に導いてくれます。
関節炎は放置していると悪化してしまう一方なので、できるだけ早いうちからリマダイルを始めとした動物用の鎮痛剤を使用し、痛みを緩和して動きやすい状態にしてあげましょう。

また、関節炎の治療には医薬品の使用の他に、様々なケアの方法があります。
ペットと楽しい毎日を過ごすためにも、関節炎の適切なケアを覚え、関節炎を効果的に治療できるように備えておきましょう!

「確実に痛みを取り除く」の画像です。

確実に痛みを取り除く

関節炎は犬の場合でも猫の場合でも、痛みがあるままでは効果的に治療できません。まずはリマダイルなどの医薬品を使って痛みを緩和させてあげましょう。リマダイルは猫には使えないので、猫には猫用の鎮痛剤を使う必要があります。

続きを読む
「犬や猫が関節炎になったときはリマダイルや適切なケアで改善しよう」の画像です。

運動と食事でケアしよう

犬や猫の関節炎のケアでリマダイルなどの医薬品の使用の次に大切なのが、適度な運動と食事の改善です。肥満を改善することで関節炎も改善することができますし、予防にも繋がります。ですが、激しい運動は逆効果になるので避けましょう。

続きを読む
「医薬品以外で痛みを緩和」の画像です。

医薬品以外で痛みを緩和

犬や猫を飼っている人の中には、どうしてもリマダイルのような医薬品を使うのは不安に感じる人もいるかもしれません。ペットの関節炎は医薬品を使用する以外にも痛みを緩和させるケアがあります。不安な人はこちらを試しましょう。

続きを読む

トピックス一覧

続きを読む